インプラント

むし歯や歯周病などで歯を喪失したあとに、チタン製の支柱を顎の骨に埋め込み、それを土台として歯を修復する治療をデンタルインプラント治療といい、使用されるチタン製の支柱をデンタルインプラントといいます。

インプラント治療(ここではデンタルインプラント治療をそう呼びます)は、従来の取り外し式の義歯やブリッジと比較して、機能的、審美的に優れていること、周囲の歯を削ったりする必要がないことなどの利点が挙げられます。

最新(2014年現在)の統計では、日本でも30歳以上の成人において、30人に1人が治療をうけている一般的な歯科治療法となっています。

「ガイドサージェリー」

デジタルで正確で負担の少ないインプラントを

このインプラント治療にも、当院のデジタル技術が大活躍します。

口腔内スキャナーを用い、「ガイドサージェリー」と呼ばれる方法でインプラント治療をいたします。

ガイドサージェリーは、スキャンした画像データを元に、患者さんの顎の骨の模型を作り、インプラントを埋め込むための「ガイド」を作成する手法です。

スキャナーで正確に測定された患者さんの歯や顎の形から作られるガイドは、誤差0.何ミリとう精度の高さです。このガイドを用いることで、「フラップレス」という歯茎を切らない手術が可能となります。

切らないインプラント、「フラップレス」とは

通常のインプラント手術では、歯肉を切開(フラップ)し、ドリルで骨に穴を開けてインプラントを埋め込みます。

フラップレスは、歯肉や骨に直接小さな穴を開けてインプラントを埋める治療なので、口腔内のダメージが最小限ですみます。(※ただし顎の幅が約7mm以上の場合に適応となります)

手術時には、患者さんの口の形に合わせて正確に作成されたガイドに従ってインプラントを埋入しますので、通常のインプラント手術に比べて大幅に手術時間を短縮することが可能となり、患者さんへの負担が少なくてすみます。歯肉を切開する必要がないため、本数が多いインプラント手術には特に効果的な方法です。

 

 

(写真1)口腔内3Dスキャナーで口の中をスキャンしたデータから、院内の3Dプリンターで、患者さんの歯と顎の模型ができ上がります。インプラントの土台を入れてみて、患者さんの本当の口の中とほぼ同じ状態を再現しています。

(写真2)模型を元に、その上に被せる「ガイド」を作ったところです。上にのっている半透明のものがガイドです。

インプラントを埋め込むための穴が空いており、このガイドを実際に患者さんの歯の上にかぶせて、正確な位置にドリルで穴を開けることができます。このガイドにより、歯肉を切開する必要がなくなり、患者さんの負担は大きく軽減されました。

(写真3)左側が土台に埋め込むインプラントネジ。右の「歯」がセラミックのクラウンです。クラウンに空いている穴は装着したあとに埋められて、表面はスムーズになります。

ギャラリー

© 2018, 上浦歯科クリニック|札幌 小樽 後志 インプラント セラミック  Kamiura Dental Clinic, Otaru, Hokkaido, Japan

kamiura_logo.png
  • 上浦歯科クリニックFacebook